毎日コラムの記事

#40 Audibleでオーディオブックを販売します

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 本日は、昨日決めた新たな目標についてお話をします。それは、Audible上でのオーディオブックの出版です。 AmazonにはKindleという電子書籍のサービスの他に、Audibleというオーディオブックのサービスが存在します。 オーディオブックというのはつまり、書籍の朗読版です。既に出版されている書籍を朗読したものが、オーディオブックという音声で販売されています。 本を読むときは両手と視界が奪われてしまうことに対して、音声が奪うものは耳だけなので、ながら聞き・ながら学習ができるのが利点ですね。 僕も普段からよく音声学習をしていて、Audibleで本を聞くこともときどきあります。 書籍が良いのかオーディオブックが良いのか、このあたりは人それぞれの好みがあるかと思います。 ですので、電子書籍かオーディオブックか、選択肢を広げるというのはすごく良いですね。 既に、仲の良いナレーターさんにお願いをしています。まずは始まりとして、前書き部分のみを朗読していただいたのですが、これがもうすごく良い。 自分が書いている文章を、すごく素敵な声に乗せて聞く。僕自信が朗読するのとはもちろん、全然違った感覚や解釈が生まれます。自分の文が声に乗るというのは、感動ものですね。 Audibleでの販売は、Kindle本よりもかなりハードルが高そうです。というかまだ、素人がAudibleで出版できるのかどうかも全く分かっていません。 もし無理そうなら別の方法でオーディオブック出版をすることになりそうですが、できればAudibleがいいなぁ。 僕は普段からやり方を調べるのは後からなので、とりあえずやると決めたというお話でした。 ここからどんどん逆算をして、行動していきます。 ということで本日は、Audibleでの出版を目指しますというお話でした。進捗も改めて報告していきます。乞うご期待! あき

#39 人間関係の齟齬に気付ける違和感

人間関係において、違和感に気付く能力というのが非常に大切だと、最近感じます。小さな癌細胞は、早期発見で取り除けば完治できますが、放っておくと全身に転移して、取り返しのつかないことになります。相手との関係性に違和感を感じれば、どんなに些細な事でも、これを早急にクリアにすることが重要です。これから生きていく上で、こういった困難にはどんどんぶち当たるはずです。今の僕ができる精一杯で、言語化をしました。

#38 僕の姉の話【エステサロン経営者】

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 本日は、僕の姉のお話をします。いきなり、家族の話です。笑 僕は神戸出身なのですが、姉は地元神戸で【Beauty & Spa Chloe】というエステサロンを経営しています。今年で五年目のお店です。 人は雇わずに施術もすべて一人でやっているのですが、今では一ヵ月先まで予約が取れないような人気店に成長しています。 独立起業したお店をここまで一人で忙しくさせているのは、すごいなぁーといつも思っております。弟から見て、やり手の経営者です。 僕が海外生活を始めるきっかけとなったのは、2015年9月、人生初の海外旅行でオーストラリアのシドニーに来たことです。 英語も話せずお金も全然なかったのですが、この二週間のシドニー旅行に僕は感動しすぎて、『将来ここに戻ってくる』と決めました。 この旅行中にした姉との電話で、『今は英語も話せないしお金もないけど、日本に帰って独学して、バイト増やしてお金を貯めて、僕はここに戻ってくる』と伝えました。 その時に姉から、『じゃぁ私も目標をいう。私は来年、独立して自分の店を持つ。』と言われました。お互いが夢を話した瞬間でした。 そして翌年2016年の5月に、Chloeという店を神戸三宮にオープンし、現在はなかなか予約が取れない人気店となっています。 (ちなみにこれ僕はすごく良い話だと思って、かなり印象に残っていいるのですが、肝心の姉はこの電話のことを全く覚えていないと言っていました…😭) 僕は2017年、フィリピン留学を経てワーキングホリデーから海外生活をスタートさせ、現在もオーストラリアのシドニーに滞在し続けています。 そして先日、この強く憧れたシドニーに、会社を作りました。【Webcamper Pty Ltd】という、ウェブ関連のサービスを提供する会社です。 ですので以前にも増して、姉と話せる内容が増えた気がします。普段から色々と相談をし、なにかあれば色んなアドバイスをくれる存在です。 ちなみに姉のサロンのウェブサイトは、僕が作っています。 ということでもし神戸にお住いの方はぜひ、姉のサロンに行ってみてください。お姉ちゃん、宣伝しといたで😌 あき

#16 正しい努力は報われる、はず

SNSを見渡すと、『とにかく頑張らなくてもいい』『とにかく無理はしない』というような発信が時折目立ちます。しかしやはり自分が決めた目標や夢に対しては、時には無理を承知で自分に負荷をかけることも必要ですね。うまくいかないときに、どう行動するか。逃げるべき所からは逃げ、戦うべきところで全力勝負をする。大切だと思います。

#14 理系か文系化は関係ない

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 みなさんは、『理系か文系』というのは気にしますでしょうか? 今日はそんなお話です。 しかし時々、以下のような発言に出会うことがあります。 おれは理系だから、英語は苦手なんだよ。 わたし文系なので、プログラミングはできないよ。 自分が理系か文系か、というのをしっかりと理解して目指したい分野に突き進む分には、それはすごく素晴らしいと思います。 しかしやりたいことがあるにも関わらず、それが足枷となってしまうのは非常にもったいないです。 僕は正直、文系か理系かとか、あまり関係ないように思います。 しかし、『理系だから、文系だから』といった言葉を耳にすることが多いです。 でもどうでしょう。人ってそんなに、簡単に二分できないはずですよね。 もし人を二種類に分けるとしたら、それは『理系か文系か』ではなく、『やるかやらないか』です。 というのも僕は、工業高校とITの専門学校出身なので、一応『理系』ということになるかと思います。しかし、当時僕はプログラミングなど、ITの開発者側に回ることに対してかなり困難を極めていました。 学校生活後半になるにつれて成績は下がり、授業もほぼ理解できていませんでした。 色々と要因はありましたが結局、21歳で専門学校を卒業したときは就職せず、コンビニバイトを続けながらフリーターとして、プロを目指すミュージシャンとなりました。 そういった経歴にも関わらず、25歳で突然、海外に憧れを持って英語の勉強に没頭し始めたのです。 結果、今でも毎日英語を使って仕事や生活をしています。 そして去年(2019年)の9月ごろからは、一度挫折したプログラミングの勉強をもう一度、ゼロから始めました。 過去にうまくいかなかった経験があるので、どれほど難しいことかは重々承知でしたが、1年弱で少しは成果が出始めました。 結果、今は海外で英語とプログラミングスキルを使って、法人を設立したところです。 もし僕が『理系やから英語はなぁ…。』とか、『プログラミング挫折してるしなぁ…。』などと言って、どちらか一方にでも手を出していなければ、今はありません。 前提条件が足枷になってしまうと、『マイナスからのスタート』になってしまいます。 しかしどんな分野でも、誰でも最初は初心者であることには変わりがないので、『苦手』ではなく『無知』という認識で始めるといいと思います。 つまり、自分は何も知らないので『ゼロからのスタート』だということです。 マイナスからよりも、ゼロからスタートの方が優勢です。 たとえば、『日本語と英語はルールが真逆だから、英語は難しい』と考えられがちですが、これだと『マイナスからのスタート』なんですね。 しかし、そんなことは関係なく、普通に新しい事を始める認識でいいのです。ギターを始める、ゴルフを始める、これらはゼロからスタートのはずです。 こんな感じで、前提条件なしにフラットに英語も捉えることができれば、『英語もゼロからスタート』という意識でいけるはずです。 ちょっと精神論みたいですが、僕の中に深く根付く考え方です。 文系だからプログラミングは…。理系だから英語は…。 こんなふうに、やりたいことから遠ざかってしまうのは非常にもったいないです。人ってそんなに極端に、二分できないはずです。 冒頭でも申し上げましたが、人の分類するなら『理系か文系か』ではなく、『やるかやらないか』です。 誰でも最初は初心者です。やりたいことやって、たくさん色んな景色を見ていきたいものですね。 ということで、今日はこの辺で。 まったねー、ばいばーい。 あき

#8 音声配信、毎日継続200日です

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 今年の5月末から始めたスタンドFMでの音声配信、毎日休まずに継続して200日が経過しました。いつも聞いてくださるみなさん、本当にありがとうございます。大好きです😊 最近は、自分の放送が好きでよく聞き返しますが、こんなふうに『自分の放送が好き』と本気で思えるようになったのは、120日目くらいからのような気がします。 やはりこれだけ長く毎日続けていると、自分の話し方の良くない部分や言葉の選び方、声のトーンなども見えてきます。 何度も何度も自分の放送を聞き返し、その弱点を少しずつ改善していくことで、ようやく「自分の放送が好き」と思えるようになりました。 つまり、リスナーさんを意識して収録しているのはもちろんですが、それに加えて自分で聞きたくなるような放送を自分で収録できるようになってきた、といった感じです。 第59回目の放送からは、毎日ぴったり10分00秒で配信をしていますが、これにも最近はだいぶ慣れてきました。 発信したいトピックを順序だてて、どんな話題であろうと10分ぴったりで終わらせる。それ以上でも以下でもなく、10分ぴったりです。 (10分ちょうど配信は、キングコングの西野さんを真似て始めました。西野さんは、Voicyという音声配信プラットフォームで、毎日10分ちょうどの放送を配信されています。) この時間制限にも、だんだんと慣れてきました。これも、120日間くらい継続したところで、少しスキルに変わってきたような印象があります。 やはりスキルを向上させたり自己成長させるには、最低でも4ヶ月ほど、毎日毎日、どれだけキツくても休まず愚直に継続していくことが大切なのかも知れませんね。 最近は、こちらのブログでも毎日投稿も始めました。これも、120日ほど毎日投稿すれば、新しく見える景色がありそうです。 自分で「毎日やる」と決めたことは、僕は必ずやります。どれだけ忙しくても、休むことなく継続します。 次に振り返るのは、『スタンドFM毎日配信300日目』のときですね。ここからまたスタートという新たな気持ちで、引き締めて継続させていきます😌 あき

#7 発信活動におけるネタ切れ回避法

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 今回は、発信活動におけるネタ切れの回避方法についてです。 僕は現在、Stand.fm (音声配信)、Twitter、ブログを中心に発信活動をしています。 とくにStand.fmでは、毎日欠かさず10分ぴったりの配信を、200日ほど継続しています。 話したいことはたくさんあるとはいえ、さすがに200日間も毎日続けていると、『今日は何を話そうかな』と思考を凝らす日々もでてきます。 10分間の配信となると、文字に起こすと5,000字を超える量です。音声配信は毎日10分間と決めているので、もし10分に満たない場合は、一旦そのトピックはボツにします。そして更に話の裏付けをできるようになるまで勉強します。 では本題の『ネタ探し』ですが、僕が行っている普段のルーティンは以下の通り。 YouTubeや音声配信アプリでの音声学習を1日3-4時間以上 読書をする (Kindleアプリを使用) SNS (主ににTwitter) や、ニュースアプリ (主にNewsPicks) を眺める だいたいこんな感じです。とくに音声学習に関していえば、日にもよりますが、1日最低でも3-4時間は耳からインプットをしています。 内容は主に、ビジネスや経済、テクノロジーや歴史、哲学など。 音声学習が使うものは耳だけなので、「ながら聞き」をできるのが最高ですね。 ちなみにこれらは、普段僕がやっているプログラミングや技術系の勉強を除く部分でのインプットです。 あとは本を読んだりして、歴史や経済、哲学を学んでいます。とくに哲学は、何千年も変わらない人間の普遍性を学べるので、最近すごくハマっています。 そしてSNSに関していえば、人が感じていることをリアルタイムに、近い距離で知ることができます。 たとえば留学関係でいえば、ワーホリや留学が延期になった人たちが今現在、どのように感じているかやどんな行動をしているのかなどを、知ることができます。 こういったことはSNSを通してでしか知ることができないので、Twitterを眺めるのは非常におススメです。 たくさんインプットをして、常に頭の中に何らかの思考を巡らせていれば、話したいことが次から次へとでてきます。 やはり一番重要なことは、圧倒的にインプットをしておくということのような気がします。 それが思考を巡らすことによって、全く異なる事柄のことであっても、頭の中で色々と繋がっていく感覚を得られることがあります。 ということで、発信活動を継続されている方々、ネタ切れでお困りの人たちの参考になれば幸いです。 あき

#6 プライドが奪う時間と信頼

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 今回は、プライドについてのお話です。 プライドを持って仕事をする、生きることは非常に大切です。しかし時には、そのプライドが足枷になることもあります。 以前、僕がまだジムに通おうかどうかを迷っていたとき、日豪の掲示板に広告を出していた日本人パーソナルトレーナーさんに連絡をしたことがありました。 (仮にこの人を、Aさんだとしましょう。) そのとき提示された金額がかなり僕の予算をオーバーしていたので、残念ながらお願いすることはありませんでした。 そして現在、僕は家の近くにあるトレーニングジムに通い、そこでパーソナルトレーナーをつけてトレーニングをしています。 トレーニングを初めて数ヵ月が経ちましたが、順調に継続できています。 すると先日、突然Aさんからメッセージがきました。その時の流れが、以下のような感じ。 A『あきさんお久しぶりです!その後トレーニングは順調ですか?』 僕『Aさんお久しぶりです。かなり順調ですよ。ありがとうございます。』 A『ナイス!外でひとりでやってるんですか?』 僕『いえ、トレーニングジムに通って、パーソナルトレーナーをつけています。』 A『トレーナーとのトレーニングはどうですか?』 僕『順調ですよ。』 僕が順調であることを伝えると、返事がこなくなりました。 さて、最初に僕がメッセージをもらった時点で『仕事を探しているんだろうな』ということは分かりましたが、上記のやりとりで、3往復しているんですよね。 しかも、最後までなぜメッセージを送ってきたかが明確にされておらず、しかも最後には返事がこなくなりました。 これなら、プライドなんか捨てて正直に『実は仕事を探しているんです。あきさんもしトレーニングでお困りでしたら、こういったプランでお手伝いできないでしょうか?』というような感じで連絡をしていただけたほうが、僕も納得できるし協力もしやすいです。 たとえ今僕にとってそれが必要じゃなくても、『もし今のトレーナーさんがダメになったら、Aさんにお願いしようかな』といったように、頭の片隅に保管しておけます。 少なくとも、悪い印象はありませんよね。 しかしAさんは、3往復というやりとりで僕の時間を消費し、最終的にメッセージを返さないということで僕の印象を下げてしまっています。 自分の信念を貫いた中で人から嫌われることは仕方ありませんが、必要のない所で信用を落としていく行為は本当に無駄です。 相手の時間を奪っているという意識が持てれば、いきなりメッセージを送ってきて3往復した挙句に論点に辿り着けない、といった事も避けられるはずです。 プライドを持つ事も大切かも知れませんが、それは時として大きな足枷になります。 とくに自分が困っているとき、周りの助けが必要な必要なときはプライドなんか捨てて、素直に『協力していただけませんか』とお願いすることも重要ですね。 こういったことを自分からしてしまわないよう、僕自身も日々気を付けて行動をしてきます。 あき

#5 雨の日が好きです

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 僕は、雨の日が結構好きです。 もちろん雨が降ると外出が億劫だし、でも必要があって外に出ると、靴や服は汚れます。カバンも濡れちゃうし、車も運転しづらいです。 とくにきれいな景色を見るために出かけていると、天候の悪さに落胆することもあります。 しかし、それでもなんとなく、雨が降ると心が落ち着きます。 僕は、太陽の光が強すぎると、日差しに疲れてしまうことがあります。 その点雨が降ると、なんとなく空に『今日はゆっくりでいいよ』と言われている気がして、心が落ち着くのかも知れませんね。 加えて雨が降ると、ぼんやりと街の空気が洗われていく、そんな感じがします。 (とはいえ、雨が続きすぎるとさすがにしんどいです。フィリピン滞在中、雨期で数ヵ月の雨が続いたときは、外出しなくてもさすがに疲れてしまいました。) そして雨音を聞くと、心が穏やかになります。 これは、『1/fゆらぎ』といって、規則性と不規則性が調和したものに、人は落ち着きを感じる、といったものがあるようです。 例えば、電車のガタゴト、キャンドルの炎、木漏れ日やそよ風にも、1/fゆらぎがあるらしいです。 なのでこれらは、科学的にも人を落ち着かせる作用があるんですね。 (小島よしおさんの『そんなの関係ねぇ』からも、1/fゆらぎが出ているそうです。笑) 僕は最近勉強や仕事をするとき、常に『雨の音や人の足音』をBGMにします。すると、歌詞がある歌やロックミュージックなんかより遥かに集中できます。 夜も、雨音を聞きながら就寝することもあります。 YouTubeで『rain study』とかで検索すると、雨音のBGMがたくさんでてくるので、よければぜひお試しください。 みなさんの好きな天気は何ですか? あき

#4 新しい物事に対する捉え方

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 近年、テクノロジーの進化によって様々な分野で大きな変化が起きています。 それは自分に関係ない物事のように思えても、必ずどこかで繋がっています。 例えば僕が20代前半のときに没頭していた音楽でいうと、今やサブスクリプションが当たり前ですね。月1,000円も払えば、世界中の音楽が聴き放題の時代です。 しかし現状、未だに多くのアマチュアのミュージシャンがサブスクを解禁せずに、自主製作CDを10曲3,000円で販売したりしています。 アマチュアにとってCDの売上というのは非常に大切な収入源ですが、果たして消費者側にとっては、3,000円で10曲のアマチュアと、1,000円で聴き放題のプロ、どちらの方が親切でしょうか。 ましてCDのみでの販売だと、海外で生活する僕は、残念ながら友人の新曲などを聴くことすらできなくなってしまいました。少し寂しいです。 プログラミングに関して言えば、ノーコードというツールが普及し、その速度は加速度を増しています。 コードを書かずにバックエンド側の作業もできるようになってきつつある現状、プログラマーであっても、ノーコードツールは必須になってくるかと思います。 僕もプログラミングをメインで勉強していましたが、最近はAdaloやBubbleなどのツールを積極的に勉強しています。 上記に述べたような例は、もはや不可逆的なものです。スマホが普及する中で、かたくなに公衆電話を使い続けるようなものです。 僕はよく、頭で色んな分野や、身の回りに起きる出来事をひとつの鍋に入れて、ごった煮にしてみます。混ざって出来上がった物事が、ひとつの本質だったりします。 たとえ味がまずくても、ときには身体に取り入れる必要があるかもしれませんね。 自分の常識や固定概念を壊し続けるのは難しいことですが、僕もできるだけ、新しく起きる出来事や世の中の変化に対応できるように、意識して生活していこうと思います。 あき

#3 年相応に年を取ることの重要性

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 オーストラリアのシドニーより、お届けしております。 今日は、シドニードライクリーニング屋さんのボスであり、僕の会社のビジネスパートナーでもあるしゅういちさんと、早朝から夜遅くまでドライブをしてきました。 ふたりとも寝不足の中、総距離600km程を移動し、砂漠にビーチ、カフェにシンガポール料理と、満載な一日でした。 しゅうさんは僕の13歳年上です。シドニーに20年以上住み、現地でビジネスを成功させ、家と家族を持っています。 そんな人生の大先輩とお話をしていると、年相応に年を取ることがどれほど大切か、思い知らされます。 『年齢なんて関係ない』こんな言葉をよく聞きます。それも、ネガティブな意味合いで使われることが多い気がします。 しかしひとつ抑えておかないといけない事実は、『年を取る=挑戦しなくなる』ということではありません。 僕は、年相応に年を取るということはつまり、挑戦回数を増やして、失敗も成功もたくさん積み重ねて、また新たな目標に挑戦していく、ということだと思います。 そして、僕の人生よりも長く生きている分、その失敗と成功から得られた知見を、下の世代に受け継いでいく。これが、年を重ねることだと思います。 その一方で『年齢なんて関係ない』というのを暴論に、大人になっても『おでんつんつん』して、逮捕されるような人もいる訳です。 これは極論かも知れませんが、『幼児がやればギリギリ注意で済むかもしれない事を、そのまま大人になってもやる』というのもまた、『年相応に年を取っていない』ことの一例だと思います。 僕も生きている限りどんどんと年を重ねていくわけですが、これを決してネガティブにとらえず、小さな失敗と成功をガンガン積み上げていこうと思います。 年相応に年を取る。ダンディな大人になる。大切だと思います。 挑戦するのみ、継続あるのみ。 あき

#2 今を生きる、ということ

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 今回は、『今を生きる』ことについて考えてみたいと思います。 みなさんは、今を生きていますでしょうか。そもそも、今を生きるとはどういうことなのでしょう。 『人生は短いから、今を楽しく生きるべき』という言葉の解釈、ここに違和感を感じることが多々あります。 僕は将来を充実させるために、特に海外に来てからはあまり遊ばず旅行にも行かず、勉強と仕事に没頭する日々が続いています。 しかしそんな僕を見て、特に海外で出会ったワーキングホリデーや留学生たちから、『せっかく海外にいるんやからもっと遊ぼうよ。今を生きようよ。』と、たくさん言われてきました。 ただ僕の中では、『未来を充実させるために投資している自分の時間』というのが、今なのです。 未来に向かって全力投下しているからこそ、今をしっかり生きていると胸を張って言うことができます。 僕に『そんなに仕事せずに、今を楽しもうよ』と言ってきた人たちは、対して『将来なんてどうでもいい』といった感じで。 毎日カフェ巡りをして、物価の高いシドニーで「お金がない」と金欠を嘆きつつ、毎晩パブやクラブで飲み明かしていました。 彼らと僕とでは、恐らくシンプルに『今』に対する捉え方が違っているのかな、と思いました。 『今』や『時間』について考える際、古代ローマを生きた哲学者セネカの著書【人生の短さについて】が、大きな助けになります。 みなさんにとっての『今』とは、なんでしょうか。一度、今と向き合ってみるのもいいかもしれません。 あき

#1 短文コラム、始めました

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。 このブログ内で、新しく『短文コラム』を始めることにしました。内容はいたってシンプルで、みじかいブログといった感じでしょうか。 だいたい僕がいつもブログを更新するときは、3,000文字~4,000文字といったように、しっかりと書き込んでいます。 セクションを区切って目次を作り、数枚の画像をしっかりと選んで、レイアウトを整えて記事を投稿しています。 しかしそうすると、一記事を投稿するのにかなりの時間がかかってしまい、更新頻度が減ってしまいます。 これをなんとか打破できないかと思い、今回の『短文コラム』作成にいたりました。 この短文コラムでは、日々考えていることや思いついていることを、気軽に記録していければと思っています。 だいたい文字数は1000字前後。画像も少なく、目次もない。でも1~2分でサクっと読める。 そんな感じのコーナーでございます。こちらのコラムは、毎日更新していきます。 それと同時に、通常の記事投稿も続けていきますので、よろしくお願いいたします。 あき