#33 現在執筆中のKindle本について

こんにちは、あき(@akihito_kobe)です。
オーストラリアのシドニーより、お届けしております。

本日は、現在執筆中のKindle本について、お話をします。

昨年末にふと思いついた「2021年、Kindle本を出そう」というものですが、まだ思いついてから10日ほどしか経っていないんですね。

そんなに最近考えたことだったんだと思いつつ、鋭意執筆を進めております。だいたい量的には20%ほど書き終えた感じ。

とはいえ見直しや校正をしないといけないので、まだまだ時間はかかりそうです。

さて、この本の内容ですが、僕の人生史のような感じで思ってもらえると分かりやすいです。自叙伝みたいな感じ。

僕は現在30歳ですが、大学も出ていないし就職歴もありません。履歴書に書けるような立派なものは、なにひとつありません。世間一般に見られるようなレールからは、大きく逸れています。

それに加えて幼いころから体調が悪く、現在に至るまで7回の手術を繰り返しています。さらには3度の交通事故にも遭いました。

なかなか運の悪い人生です。しかしそんな僕が、フィリピン留学やワーキングホリデーを経て昨年末、オーストラリアに会社を立ち上げました。

これもまだ設立したばかりなので、まるで軌道になんて乗っていません。さらに設立直後に、僕が住むシドニーではコロナウイルスの変異種によるクラスターが起きてしまい、規制がどんどんと強化されています。

なかなか厳しい戦いになりそうです。

そんなまだ何も成し遂げていない僕ですが、このタイミングで本を出版する理由は、「現在進行形で挑戦し続けていく姿に、今しか出せない価値がある」と思ったからです。

きっと全てがうまくいった後に、「あの時は大変でしたね」「今はすごく良い感じです」といった感じで振り返りつつ本を書くことは、できてしまうと思うんです。

ですが、このパンデミック真っ只中で海外起業し、色々ともがき続ける姿は、今この瞬間にしか記録していくことができません。

今はなかなか大変ですが、僕は自分の過去の経験から、それでも必ずしっかりとやるべきことを継続していけば、きっと大丈夫だということを確信しています。なんとかなる。

国境閉鎖によって、ワーキングホリデーや留学の予定が無期限延期になっている人たちも数多くいらっしゃいます。やりきれない気持ちでいっぱいだと思います。

でも大丈夫です。自分に正直に、やるべきことを愚直に継続していれば、なんとかなります。

「すべてがうまくいかない」「誰にも痛みを分かってもらえない」という人たちに少しでも寄り添うことができれば、と信じてこの本を書き進めています。

ちなみに冒頭でも書きましたが、この本は僕の経験や人生をまとめた自叙伝のようなものです。「海外起業する方法」や「プログラミングで稼ぐコツ」などといったノウハウ本ではないということだけ、予めご了承ください。

そしてできればこのKindle本は、今年の3月中に出版できればと思っています。ということで発売したら、みんな買ってね🤭

あき